火曜日 , 12月 11 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】家事ができない 嫌い なわけじゃない【発達障害】

【ADHD】家事ができない 嫌い なわけじゃない【発達障害】

前回 【無添加主義の娘】 という投稿をしましたが、

その記事にあるように私の家にはドラッグストアやスーパーには置いていないような

ちょっと高い日用品などが沢山あります。

 

昔から

「洗剤は高いんだから使いすぎないで」

「その食器は1点ものだから荒く使わないで」

「卵高いんだからたくさん使うなら自分で買って(銘柄指定)」

などなど、横から口を出されることが多かったのですが

そのせいもあってか私の中である一定の先入観が生まれていました。

それが一人暮らしをするようになってから不必要なものがちらほら出てきたので書きます!

 


まず私の嫌いな食器洗い。

洗剤が高いと言われていたのでちょっとずつ使っていましたが、

もともと自然由来で油が落ちにくいのに、ちょっとしか使わないと尚更落ちない!

結果、食器洗いが大嫌いな人間になりました。

 

これを改善したのが、普通に販売されている食器用洗剤を買うこと!

初めて使った時は感動しました。撫でるだけで油が落ちる…!

カレーや炒飯を作った後のぬめりがツルっと消える!簡単!楽しい!

で、結果食器洗いを溜めることはほぼなくなりました。


次に洗濯!

無添加の洗剤を使用しているので、洗濯が終了したらすぐに出さないと

とてつもない生乾き臭が服だけでなく干したベランダからも漂います…。

気持ちの切り替えが苦手な私は洗濯を始めてからほかのことをしていると

終了のサインに気が付くことがほぼ不可能だったり、

それを集中すると他が手につかなくなるなどあったので洗濯が大嫌いでした。

 

これを改善したのも、普通に販売されている洗濯用洗剤!

今のやつって生乾き対策されているからちょっとやそっと置いておいても全然臭わない!

むしろ洗剤のいい香りがする!干すときにそれが香ると嬉しくって

洗濯が好きになりました!


最後に炊事!

高いから高いからと連呼する母親が鬱陶しくて仕方がなかったので

少し安い卵を買い、自分専用の食材を使うようにしました。

もちろん食費としては少し高くつくし、親の食事を無視することになるので

痛手と言えば痛手ですが自分が気持ちよく生活できるなら良い出費だと思います。

国産小麦粉100%しか家にないので、人にプレゼントするお菓子を作ろうとすると

もったいないだの連呼されていましたが、今では自分でアメリカ産の小麦粉を買ってきて

好きなように作ることにしました。以外に母親がつまみ食いするので腹立ちますが(・ω・`)

 


 

発達障害を認定されるのに日常の話をすると思いますが

私の部屋は汚いし家事も炊事も何もできないとありますが

まったくできないのではなくて、いろいろアシスト次第で出来ることもあります。

なので障害がある=できない、ではなく条件付きで出来るなら

色々と自分のやり方を模索してみるのも大切だと思いました。

 

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

 

おすすめ記事

【ADHD】食べる事への執着が獣レベル【脂肪は貯蓄じゃない】

こんにちは! 久しぶりの昼投稿 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。