火曜日 , 10月 23 2018
ホーム / *日記 / 遊園地のアトラクションでバイトをして保護者に突っ込みたくなった瞬間

遊園地のアトラクションでバイトをして保護者に突っ込みたくなった瞬間

バイトを始めて早1ヶ月半が経ちました。

やっと自分の行動に余裕が持ててきたからこそ見えてくる

嘘だろ・まじか・なんでだよ、なツッコミ待ちなお客さんをご紹介します。

1:子供がアトラクション入り口の鍵を開けて入ろうとしているのを
  後ろからただ静観している親。

嘘だろって思いました。

安全の理由で前回の運転が終わり、乗客がはけるまでは

入り口の鍵は開けないようになっているのに、

なぜか運転中に入り口の鍵を開け始めるBoy。

そしてそれを後ろから見ているだけの親。

いや、止めろよ。危ないじゃんか。

もちろん私は見ているので入らせませんでしたが

親は終始何も言わず。

Boyには「危ないから開けないでね」というと「わかった」と理解してくれたが

ここは保育園でも幼稚園でもない。鍵を勝手に開けてたら怒ってくれ・・・。

2:”機械が完全に止まり、ブザーがなってから降りてね”を完全無視する親。

事故防止で一番大事なのはあらかじめ安全を確保するためにお客さんへの声かけだと考えていますが、ぶっちゃけ誰も聞いてくれない。

”機械が止まる”  ”ブザーがなる”  それすらまたずに無理やり降りようとして躓く

そんなお客さんを誰が救えるというのでしょうか。

あなたのお子さんはおとなしくまってくれているというのに・・・。

3:年齢を偽る保護者。

これ結構います。

決まった歳から有料になるというのを知っているからか、

有料になる歳の2、3ヶ月前の年齢を言う親。

場所が場所なので特に大ごとにはしませんが

バレてます。もれなくバレています。

せっかく成長したお子さんが可哀想なのでやめてください(´・ω・`)

以上、今日のバイトで考えた

「ちょ、まてよ」と突っ込みたくなるお客様シリーズでした。

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】何故かいつも足裏が汚れてる

いつも、文頭に『いつも』と付け …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。