土曜日 , 11月 17 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】少しずつ感じる親離れ

【ADHD】少しずつ感じる親離れ

昔から18歳になれば大人になれるはず。となぜか思い込んで来た私。

ですが18歳になっても全然大人を感じられない。

じゃあこれは20歳になったらきっと本当の大人になれるんだ!と

さらに思い込んでいた私。

現在23歳になったところで、私のイメージする大人にはなれていません。

でもちょっとずつ、私も社会的に”大人”の立場なんだな・・・と思うことが

増えて来たので、それはどんなタイミングなのか考えてみました。

そもそも私の家はシングルマザーの過程なので

そこまで父親に育てられたという意識がない分、余計偏っていると思います。

まず13歳の頃に感じた”大人”

・初めてお小遣いやお年玉で自分の洋服を買った。

➡︎今まで与えられていただけのもので 自分で選ぶ という選択肢ができた。

次に16歳の頃に感じた”大人”

・アルバイトができるようになった

➡︎お小遣いやお年玉でしか増えなかった自分のお金を
 労働することで増やせるようになった!
 大人と一緒に労働ができる!

18歳の頃に感じた”大人”

実はこれがほとんどないんです。

労働はすでにできる、進学の選択肢も高校進学の時点で

義務教育から外れたから、自分の行きたい学校というものを選択した。

どちらかというと、そこから社会に出るかさらに進学するかという

思ったよりあっさりしたものでした。

そして最後に20歳の頃に感じた”大人”

・税金を自分で納める必要ができた。
・少年法など、子供として守られているものがなくなった。
・社会に出る責任ができたと同時に飲酒や喫煙などの趣向品の選択肢が増えた。

20歳は色々と”大人”を感じました。

ただ私はお酒もタバコも嗜まないので、居酒屋デビューとかそういったものは

一切体験していないので、この二つがあるとないとでまた違うと思います。

そしてこの記事をわざわざ書くに至った理由が、

23歳にして最後の”大人”を感じる瞬間が来たような気がするんです。

男性の方は気まずい話かもしれませんが、

私は小学生の頃に月経が始まって、それ以来ほぼずっと母親に生理用品を買って来てもらっていました。

家族3人暮らしで、兄にはわからない私と母親だけの月経のやりとりでした。

恥ずかしい話、今の今まで母親に生理用品を購入してもらっていましたが

次からは自分で買うように言われました。

ついに身の回りのものを全て自分で賄う歳になったんだなぁ・・・。

というか本当なら自分で買って当たり前だったものなんでしょうが、

あと食費などまだたかっていますが、生理用品を自分で買うっていう発想が

なぜかハナからなかったので、すごい上から目線で感慨深く思いました。

母親ももう50歳を過ぎてますし、私だってずっと一緒に暮らすわけではないので

いつかいなくなる日を思うとちょっと怖く感じました。

ここでさみしいとか、悲しいとかじゃなくて、怖いと思う時点で

親離れも完璧には済んでないんだなと思っています😇

それではおやすみなさい

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】虚しくて悲しい。

こんにちは。 とにかく虚しくて …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。