木曜日 , 12月 12 2019
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】素直にお礼が言えない家族【母親】

【ADHD】素直にお礼が言えない家族【母親】

我が家でよく繰り広げられる喧嘩の中で

ずっと納得が行かずにもやもやしてることがありました

それは、今まで母親に

「自分ができないことを人に言うな」

と、言われて育ったのでわたしの中で

『出来ないなら(文句を)言わない』

という法則になってた事が大前提でした。

何をよく言われたかと言うと

  • 皿の洗い忘れ
  • 洗濯物の出し忘れ
  • 髪の毛の広い忘れ 
  • 電気の消し忘れ

などなど、忘れたことに対してから指摘についてです。

今までは私自身が出来ない事が多かったので

私から人に言うことは無かったのですが、

最近私も自分事が比較的出来るようになってきたので

母親に対して思う事が増え始め、言うようになってきたのですが、

その時の母親の対応を見て、過去に私が教わった法則は、法則ではなかったのでは?と思い出しました。

その後じっくり考えてみると、私の母親には母親の法則があることに気がつきました。

私の母親、“絶対に謝らない”法則です。

今まで私が忘れたりしたことに対して

「電気付けっ放し!髪の毛落としっぱなし!」

と、怒られた時は

「ごめんなさい」もしくは「ありがとう」と

必ず言うようにしてきましたが、

実際その言葉で怒りが治ったことはありません。

そして大概指摘しつつ自分で直させられてます。

それは異論ありませんが、

私の母親は、私が指摘すると逆ギレするんです。

「お皿置きっぱだよ?」

「髪の毛が異様に落ちてたよ」

それに対して母親は

「いつも私もあんたのやってあげてるんだからあんたもやりなさい」

とだけ。

たしかに私の方がやり忘れることは多いが、

それならその場で指摘すればいいだろうし、

もしくは放っておけば最終的に私がやるだろう?

やってくれた事は感謝しているが

“いつもやってやってる”のと、

“だからお前も黙ってやれ”というのは違わないかな?と思います。

「あんた皿洗ってなかったよ」

「ごめん、ありがとう」

「髪の毛落ちてたから気をつけて」

「ごめん、わかった」

それじゃあだめなのかな?って思います。

いちいち怒って解決するとは思えないんですよね。

と、最近思いました。

私の母親は決して謝らない。でした。

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング


おすすめ記事

【ADHD】習慣化が全て良いわけではない例【私の場合】

おはようございます。 今日はお …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。