木曜日 , 12月 12 2019
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】障害者年金の申請に6ヶ月、審査に4ヶ月【発達障害】

【ADHD】障害者年金の申請に6ヶ月、審査に4ヶ月【発達障害】

こんばんは。眠れないのでブツブツ呟きながら書いていきます。

前回障害者年金の申請にお金がかかりすぎるという問題を書きました。

お金がなくて生活できないのに対する支援なのに

その支援をお願いするのに約束はできないけど1万円払わないとお願いすることも出来ないというなんかおかしな問題です。

でも、私が一番問題だと思っているのは

『本当に障害者年金を必要としている人が申請するのに必要な工程がどう考えてもクリアできない難易度である』ことだと思ってます。

まぁ不正受給を防ぐために仕方がない部分はあるかと思いますが、

そもそも障害者年金はいろんな障害の人が申請するので特定の障害のみ簡略化などできないのは分かりますが、

疲れ果ててペンを握るどころか起き上がることもできない人も対象になっているのに、自分で書けないなら代理で行政書士の方などにお金を払わないと書いてもらえない。しかも報酬は成功報酬で、【支給○ヶ月分後払い!優しい!】みたいな状態って少し異常な気がします。

私は発達障害なので、発症時期は生まれた日。

なので小さい頃からの発達障害エピソードをひたすら書く必要がありました。

大きなA3の両面書き用紙に「○年○月〜なことがありました」

とひたすら書いていきます。

幼少期といっても、未就学児の頃、幼稚園の頃、小学生の頃、とかなり細分化して書く必要がありますので

両面書けるA3の大きな紙も3枚必要になりました。

発達障害で安定して働けなくなるくらいなので楽しい事より辛いことの方が多い人生だったので

書けば書くほど自分の辛い思い出が昨日のように感じられるので、筆も進むわけがありません。

書いては寝込んで、書いては落ち込んで、書いては泣いて、気持ちが上がる方なんてない毎日になりました。

なので私が初めて書類をもらってから書き終わるまで6ヶ月以上かかりました。

先生には細かく書いたね〜と言われたので、実際はもっとシンプルで良かったのでしょうが

1つ思い出すとフラッシュバックしてしまうので、書かないと気持ちの整理が出来ずさらに寝込むので

最低限必要なことを書いたつもりでもこのざまでした。

お金がなくて働けなくて、困って申請するのにまず6ヶ月。この間はなんとか働けるタイミングで短期のバイトをしながら食いつなぎます。

通るかもわからないし、ネットには短期ができるくらいの人は通らないだの、発達障害では通らないだの、あまり希望が持てない事しか目に入らなくなりました😭

それから3ヶ月後に年金事務所から手紙が届きました。

「障害の状況を把握するのに時間がかかっているからもう少し待ってほしい」との事でした。

まぁ、待てと言われたら待つしかないですよね。

たとえ私が明日食べ物がなくても、審査が終わるまで何にも起きないんですもん。

そしてそれから1ヶ月後にやっと申請が通りましたとの連絡が来ました。

あー、救われた…、と思ったらここでもまだトラップ!

年金の振込って2ヶ月に1度だから、最初の振込まで日が空くんです。

結局お金が間に合わなくて母親に借りました…。

今回の年金の申請手続はケースワーカーさんに教えてもらいながらやりましたが、もし私1人だと絶対にできませんでした。それは体調的なこともありますし、私の発達障害からくる文章を理解する能力が劣っているので、説明書きを何度読んでも理解できないことが多すぎたからです。

始めに市役所で年金申請の書類をもらった際、

市役所の方に、書き込み欄のある紙を渡されて「この書類は自分で書いてください」と言われたので、私は鉛筆を握って頑張って書きましたがどうしてもうまく書けず、書いては消すを繰り返していました。

ですが書いても書いても終わらないのをケースワーカーさんに相談したところ、書類はネットでも配布されており、ワードなどで書き込むのも可能だと言うことを教えてもらえました。

私はとにかく字を書くのが遅いし苦手で、書くことに対する苦痛感が昔からあります。

なので今回の書類が全部手書きだと最初聞いた時はもうその時点で無理だと思いました。

書き込み作業が2割しか進んでいない時にケースワーカーさんにパソコンでの作成を教えてもらってからすぐに作業をパソコンに切り替えたところ、残りの8割はあっという間に完済しました。

といっても全ての工程に6ヶ月かかっているんです。

内容としては自分で自分の人生での困ったエピソードを書くものなのだから、

カウンセラーの方みたいな人に聞き取りのやうにやって頂いて、その内容をパソコンで入力して書類として作成してもらえるなら、診断書代込みで1万円は妥当だと思います。

でも、働けなくて経済的に厳しくて精神的にも限界だと言う状態での申請で、あの過酷な書類と高額な診断書代、確実に審査が通るかわからない不安な4ヶ月はどう考えても厳しすぎると思います。

もし私が改善点を挙げるとすると、

・聞き取り式で診断書作成と一緒に申請書の作成もしてほしい

・その人にあった申請方法(手書き、パソコン作成)などの選択肢をもっと教えてほしい

・診断に必要な費用を保険対象にしてほしい。

・障害の状態に応じて柔軟な申請方法を用意してほしい。

と、思いました。

ぶっちゃけたはなし、健常者が作った行政支援の申し込みは全てにおいてハードルが高すぎだと感じてます。

とはいえ年金が通って本当に安心しました。

早く社会に戻れるようしっかり生活見直したいと思います👏

おやすみなさい!

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】習慣化が全て良いわけではない例【私の場合】

おはようございます。 今日はお …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。