月曜日 , 6月 17 2019
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】坊主にして1年経った結果【まじすか…】

【ADHD】坊主にして1年経った結果【まじすか…】

こんにちは。

ちょうど去年の今頃に頭を9mm坊主にしたHulaです。

今は一年経ってベリーショートくらいまで伸びました。

短かった期間が長いので今年の夏は余計熱く感じそうです🤣

さて、母親の勧めで頭を丸坊主にして1年経ちましたが、

その間に色々な出来事があったのでざっくり紹介させていただきます。

まずメリットから。

・とにかくお風呂が楽で入浴率が上がった。

これはなによりも大きいメリットでした。

清潔を保ててる自身にもつながりました。

お風呂に入れれば気持ちも少しリフレッシュするし、

・服を選ばずに済む

もうどう転がっても坊主なので、似合う似合わない関係なく服を切られました。楽だった…。

・髪の毛のメンテナンスがいらない。

切っても少し伸びたら美容室いったり、

ヘアートリートメントが欠かせないロングと違って

9mm坊主は何もやることがありません。経済的に楽!

・涼しい。暖かい。

夏は通気性最高の頭。冬は風が吹いてもそこまで頭は冷えません。むしろ体温調節が効いて暖かかったです。

と、ここまでは前も書いたような事です。

今回私がわざわざ記事にすると言うことは、

想定外のデメリットが多く感じられたから

それをどうしても書きたかったのです。

デメリット

・バイトの面接に落ちる。

あらゆる条件を満たしたのに面接に落ちる。

経験者で歓迎されるはずが落ちる。おかしい。

2連ちゃんで落ちた上に、両者とも面接で

「その髪型はどうしてそうしたんですか?」

と、突っ込まれました。

ウィッグかぶれますとも答えましたがだめでした。

私最近はあんまりバイト落ちなかったのですごいショックでした。

・勧めた母親にディスられる。

おまえが。おまえが勧めたはずなのに、

少し伸び始めたら「そっちのほうがいいね」など繰り返し言われました。本気でムカついた…。

・伸ばし途中の手入れが果てしなく大変

もう9mmキープするならいいですけど、

母親に言われたのでベリーショートにしようと思ったら、ベリーショートって伸び方がバラバラだから

美容室での手入れが欠かせませんでした。

トリートメントもしなきゃいけないし、ドライヤーも時間かかるし…。早くボブになりたい…。

・最初肯定的な友人がなぜか髪が伸びるにつれて否定的になる。

アルアルなんでしょうけど、友人が最初坊主にした私を見た時は「いいじゃん!」と言っていたのに

伸ばしてると伝えると「やっぱり伸びてないと変だよ」と言い始めた時に、みんな坊主の時の私に嘘をついていたんだって感じました。

まとめ

別に坊主にしろと言われたけど、実際にやったのは私なので人のせいにはしませんが

髪型がみんなと違うからってそこまで差別されるって思っていませんでした。

服装についてもそうですが、デブが二の腕や太ももを出すと見苦しいとか、

日本人って自分の見た目を気にするだけじゃなくて

他人の見た目まで口出ししてくるのがうるさいなって思いました。

別に無理に褒めろとは言いませんが

自分がしたい格好が猥褻的でないならば

そのあとは個人の自由なのでは?と。

私が坊主で歩いている際はいろんな人に二度見されたり

「なんだ、女かよ」と言われたりなど色々なことをされましたが、

これって男子は短髪、女子は長髪であるべきって固定概念の押し付けな気がしました。

私は果てしないデブだけど、今年は堂々と二の腕出して服を着ようと思います。

隠す義務ないし、可愛い服きたいし…。

それでは…🧙‍♀️

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】障害者年金の申請に6ヶ月、審査に4ヶ月【発達障害】

こんばんは。眠れないのでブツブ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。