金曜日 , 12月 13 2019
ホーム / ADHD⭐︎ASD / ライフハック / 【ADHD】ルールを決めて生活を楽にした【ライフハック】

【ADHD】ルールを決めて生活を楽にした【ライフハック】

こんにちは。なるべく毎日更新したいと言いつつパソコンの電源コードを忘れて充電できなくなったHulaです。

実は一昨日100均に行ってきて、ずっと試してみたかった物を買ってきました。

その名も…ディスペンサー!!!

名前だけ聞くとかっこいいけどただのポンプ式の容器です。シャンプーボトルみたいなやつ。

これをかけてから導入したかったのが、キッチンの食器洗い洗剤です。

以前から母親と洗剤を使いすぎていることについて言い合いになったり、自腹を切ることで解決とは言えないような事になっていたのですが、

先日薬局の売り場探索をしていたらポンプ式の食器用洗剤が売ってたんです!

これだ!これがあればわたしでも分かる!

だがポンプ式は新商品だから高いし、家にまだ詰め替えがある…。

ということで、100均に行ってきました。

するとこれが大当たり!すごい簡単なんです!

そもそもの話として、“なぜ普通の洗剤ではいけないのか”というと、わたしは1つのことに対する“適量”というのが分からないのです。

もちろん物によっては“◯に対しては×を。△に対しては□を。”といったように量に対しての適量を書いてくれてはいます。

ただ確実に◯と△のときは悩まないのですが、◯と△の間のときはどうなるんだ?といったことがわかりません。

とにかく苦手なので基本的に目分量で生きているのですが、洗剤の使い過ぎはかなりもったいないということに最近気がついたので、試しにポンプ式を導入してみたということです。

とにかく一度の洗い物に使う量は、一度ポンプを押した量と決めるのです。

結果としては大正解。とにかくわかりやすくていいんです。

母親からしたら無駄遣いしないので嬉しい。

わたしからしたらぴったりの量が出るのでわかりやすい!

誰もが嬉しい結果になりました。

そう考えてみると、今までわたしが作るのにハマった料理なんかもとにかく“簡単に適量が分かるもの”ばかりだと気がつきました。

俗に言う“黄金比率”ってやつですね!

とにかく1:1であったり、1:3であったり、割れない数にならない比率!

1:0.5なんかは分かりにくくて大嫌いなので2:1に!なんかしてみたり。

もしかして短期記憶が弱いADHDの人にとって“1プッシュ、1カップ、1すくい”のようなはっきりとした量や指示というのは最適なのではないかな?と感じました。

これで洗剤が湯水のように減らなくて済むと思うと嬉しい限りです🤣🤣🤣

今後も続けてみてどれくらい洗剤の持ちが良くなるのか検証してみます!

それでは〜!

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【PDD】聴覚過敏で食器がシリコンだらけ【ADHD】

大変たいへんおひさしぶりです。 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。