金曜日 , 6月 22 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】発達で障害者手帳の申請をしてみました

【ADHD】発達で障害者手帳の申請をしてみました

先日今の病院に通って半年たったことや、
今後就職や支援であると便利だと聞いたので申請してみました。

この記事で書かれている内容は、大人のADHDの人が持った場合に
どういった事が起きるのかを主体に書いているので、
子供の場合では受けられるサービスに違いがある場合があります。
また間違えがあるかもしれませんので詳しいことは参照URLか
最寄りの役所、福祉課へ相談してください。

申請するにあたって気になったこと

  • 手帳申請の条件
  • 手帳のメリット、デメリット。
  • 持っていることで人に指をさされないか。
  • 一度取得すると社会的に障害者のレッテルが張られるのではないか?
  • 更新の手間などが増えるのではないか?
申請するために市役所に行くまで私はこういったことを気にしていました。
もちろん持っている方とTwitterでつながっているし、
実は母が昔鬱病だったときにも精神障害者手帳を持っていたので
うすーくは理解していましたが、自分が持つとどういうことがあるのか
改めて調べてみました。
—————————————————————–
手帳申請の条件
発達障害での申請の場合、私の場合は古いサイトを間違えてみて
間違った情報を手に入れてしまうことが数回ありました。
昔は発達障害単体での申請は通りにくかったそうで
基本的に2次障害(鬱等)との申請でないとできないと書かれていましたが
今は法律が変わり、発達障害単体での申請も可能だそうです。
精神障害者手帳の申請条件が

  • 統合失調症
  • うつ病、そううつ病などの気分障害
  • てんかん
  • 薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等) ←Hulaはこれです。
  • その他の精神疾患(ストレス関連障害等)

これらのいずれかに該当していること。

また、初診より6か月以上経過していることが必須条件です。
ただし、知的障害があり、上記の精神疾患がない方については、
療育手帳制度があるため、手帳の対象とはなりません。
(知的障害と精神疾患を両方有する場合は、両方の手帳を受けることができます。)

それと私の経験論なのですが、私の場合小学生のころに
発達専門じゃない精神科で簡単なテスト(WAISではない)と
カウンセリングによる診断を受けましたがグレーゾーンと診断されています。
ただそれも私の名義で診察を受けた時点で初診となるようです。
違う病院へかかったのと当時の記録を持っていなかったため

【引用:みんなのメンタルヘルス総合サイト
—————————————————————–
手帳のメリット、デメリット

メリット

  • 障害者雇用での就職が可能。
  • 税金などの優遇がある(等級による)
  • 公共その他各種のサービスをお得に利用できる場合がある。
    【割引サービス一覧:障害者手帳で行こう!~全国版~
    【NHKやキャリア携帯、交通機関等の割引もあります】
  • 障害者手帳保持者だけの行政からの支援がある(等級による)
デメリット

  • サービスを受けるときに手帳を見せる必要がある
    (未告知の友人と外出した際気持ち的に出しにくい場合が・・・)
  • 申請するにあたって診断書の提出がある。(数千円かかる場合も。工夫できます)
—————————————————————–
持っていることで人に指をさされないか。

私はまだ手元に持っていませんので体験談は話せませんが
母親が所持しているときも基本的には出さない限りばれません。
ばれるというより、外部から知る方法はありません。
ただ手帳のサービスを利用するときはどうしても見せる必要があるので
友人と一緒にいて見られなくない時や外での割引を一切使わないならば
必ずしも持ち歩く必要はないと思います。

—————————————————————–

一度取得すると社会的に障害者の
レッテルが張られるのではないか?

これに関してはやはり当事者の気持ち次第なところがあります。
私は発達が発覚してやっぱり定型の思考じゃないんだなっていうのを
宣言されたような気がしてどうしても納得いかない点はありましたが
一般雇用が難しいうえにコミュニケーションですぐにトラブルが起きるので
合理的配慮を求める以上わかりやすいカテゴリーや指標は必要になると思います。
もし一般雇用で暮らしていて困ることがないようでしたら
必ずしも発達の認定をされたからと言って手帳を利用しなくても良いと思います。
最終的に当事者が困っていて、それを手伝ってくれるのが手帳だと思います。
もし取得してから必要ないな、とおもったら返納もできますし
返納後は登録された情報等は削除されると公言されていますので
自分の気持ちとの折り合いをつけてからの申請が一番だと思います。
(診断書も高いんです(´;ω;`)  )

【参考:精神障害者保健福祉手帳
—————————————————————–

更新の手間などが増えるのではないか?

障害者手帳の更新は2年に1度です。
また同時に自立支援医療制度を利用している場合
そちらの更新も2年に1度なことや
自立支援医療制度は継続通院が決定したのち診断書がすぐ
出るので
割と初めから持っている方がいる反面
障害者手帳は半年たたないと申請できないので
両者の更新時期が少し離れていることがあります。
その場合各自診断書を書いてもらうとかなり費用がかさむので
市役所の方に相談して両者の日付を合わせたいと伝えると
1枚の診断書で2つ更新ができるので助かります。
ぜひ聞いてみてください。
—————————————————————–

以上です。
初めてとんでもなくまじめな記事書きましたが
後で見直して間違いがないか確認します。
絶対どこか変な記述がありそう・・・。

とにかく、気になったらこの記事を信じ切らず
「こういう手帳があるんだー。条件を役所に聞いてみよう」
程度に参考として使っていただけたら幸いです。

またHulaは東京在住なので都道府県によっていろいろ違うことがあるかもしれません。
予め!ご了承ください(つД`)

毎日更新することを目標に頑張ってます😂
ランキングボタンをポチッとしてもらえると
より一層やる気が出るので是非お願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

おすすめ記事

【ADHD】好きだからと言って気が長いわけではない。

私はかなり自分の性格を”気が短 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。