土曜日 , 8月 8 2020
ホーム / *お出かけ / 障害者手帳を使ったレポ / 【ADHD】精神障害者手帳の更新を忘れた【再開】

【ADHD】精神障害者手帳の更新を忘れた【再開】

こんにちは。

私Hulaは。やってしまいました。

障害者手帳の更新を忘れてしまいましたーーー😭😭😭

やってしまった😭気をつけて慎重にしていたのにー…。

平成32年1月31日までだったのに、今日は令和2年の2月5日ーーー!過ぎたー!

そして同じ期日に揃えていた自立支援も切れた!

都営電車の無料乗車券も切れた!

ぜーーーんぶきれたーーー😇

ということで、そういう人も私以外にいると思うので、こんなことが起こった時の対処法を経験として残しておきます。


一度障害者手帳を発行している場合、有効期限内に手続きをした場合は “更新手続き” 言われます。

ただし有効期限が切れてから手続きするときは2種類の呼び方があり、

・有効期限から3ヶ月経っている場合は “新規手続き” 。

・まだ3ヶ月経っていない場合は “再開手続き” となります。

(2/29追記:書く書類は更新の書類でした)

  • まず障害者手帳以外の期限を確認をする。

もし自立支援の手帳を持っているとして、更新のタイミングを同じにしていたら自立支援の有効期限も切れます。

そして自立支援の手続きをするのには、病院での “診断書” が必要となります。

普通は診断書を出してもらうときは診察をしなくてはいけませんが、病院によっては事情を話したらとりあえず診断書を出してくれる場所があります。(もともと更新する事を伝えてある場合など)

もし診察をしてもらえないと診断書が出せない場合は、一度だけ3割負担で診察を受けてから診断書を出してもらわなきゃいけません。

  • 障害者年金(基礎、厚生)を受給している場合。

障害者手帳の再開手続きをする際だけでなく、通常通り更新するとしても診断書が必要と思われているかもしれませんが、障害者年金を受給している場合は必要ありません。

“年金受給証書”が診断書の代わりとなります。

ただし、

障害者手帳と自立支援手帳の同時更新の場合は、年金証書と診断書が必要です。

障害者手帳の更新は年金証書でできますが、自立支援の更新は必ず診断書でなくてはいけません。

なのでどのみち診断書が必要となります😇😇😇

  • 手続きをしたらどうなる?

無事 “再開手続き”が行われたら、新しいものが発行されるまで待ちます。

障害者手帳は2〜3ヶ月。

自立支援は2週間程度。

ただ待つのは構いませんが、電話で聞いてびっくりしたことがあるんです。

自立支援の場合は申請した日から適応対象で、会計時は手帳が発行されるまで3割計算ですが後日1割の額に直して返金してくれる対応があります。

ですが、障害者手帳は実際に物が手元に届くまでサービスを利用することが一切できないそうです😭

映画館のサービスや都営地下鉄の無料券が2〜3ヶ月使えないとなると、それをベースに組んでた生活が変わってしまいます。

しかもこれは一度期限切れしたからではなく、期限内に手続きしていても手続き時に旧手帳は回収されてしまい、新しく発行されるまで手元には何もない状態で過ごすことになるのです。

(訂正:手帳は回収されず、期限がある場合は更新中も使えるとのことでした!)

すんんんんごい不便…😭

とりあえず私の場合は診断書を作成済みなのに貰いにいかなかったので、病院で診断書だけもらい自立支援の手続きをしてから診察してもらってきます…。

あああああ…ここ数ヶ月で1番のやらかしでした😌

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

高速道路のSA駐車場内も逆走しないでよ(・ω・`)

こんにちは。車中泊の準備すら面 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。