日曜日 , 6月 7 2020
ホーム / *日記 / 素人が卓上織り機で暖簾を織ったよ!①

素人が卓上織り機で暖簾を織ったよ!①

こんにちはー!

前からTwitterを見てくださっている方はご存知かと思いますが、

少し前に卓上織り機“オリヴィエ60”を購入し、新居に飾る予定の暖簾を織ってみました!

ひとまず完成?したのでブログに載せます!

織るよー!

整経台で糸を揃えます!

今回使った糸は、糸のきんしょうさんで購入した

裂織用の縦糸とスクラブの入った糸です!

作る予定の物が横幅86cmでしたので、2枚の暖簾ならば43cm幅の布を2枚織ればよい。ということでとりあえず整経台で117回綾を取りながら糸を取りました。

が、ここで何かを間違えたので完成した時35cm幅の布が織り上がったので、急ぎ3枚布の暖簾に変更。

布団の上でちんたら縦糸を通します。

この時点でわたしはヘドルの幅細いのに太くて引っ張りに強くないスクラブ糸を使うとどうなるか気がついてなかったのです。

まぁ上糸と下糸が違う種類の糸だから楽だな〜くらいの事しか考えていませんでした。

とりあえず結果から言うと、密度の高いヘドルで太い糸は使ってはいけない。ということです。

とりあえず縦糸を通り終わり、準備が整いました。

最初の数センチは捨て糸で織ります。適当な黄色い糸で…。

今回横糸は全てスクラブ糸を使用しました。所々ゴツゴツ飛び出た感じがナチュラルでとっても可愛い!

なんで縦糸に使ったのか…。

2枚の暖簾(最終的には3枚)のために2回経糸を張るのが面倒くさかったので、ながーーーい布を織り半分に切るために、おる長さが3m近くありました。この先は代わり映えのない画像なので略します!

スクラブ糸をなぜ使ってはいけないのかの理由です。

横糸を通してヘドルで叩くたびに、糸がどんどん削られていくのです。

そして削られた糸が塊となって絡まり、削られて残った糸は細くなります。

最終的に解かなければ織れなくなったり、細くなった糸が切れて繋ぎ直すハメになります。

どんなに器用に直してもピンと張った状態には直せないので、一部縦糸が緩んだまま織る羽目に…。

そして無事に織りきひました!

が!先程言ったように横幅が足りなかったので追加の織り。

いかに前の横幅が足りなかったかわかりますね…。

岡山の家にはミシンがないので、全て“クラフト小町”という布用のボンドで作ります。

このボンド本当に優れもので、アイロンで圧着するともうどんなに頑張っても取れません。今後も確実に愛用します。

長くなるから今回はここまで!

明日続きの染めた話を投稿します!

ではでは!

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】障害者手帳を田舎に郵送してもらえるみたいー!【コロナウイルス】

こんにちは! 日々コロナウイル …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。