金曜日 , 11月 27 2020
ホーム / *日記 / 【日記】従業員を怒鳴りつける人へ

【日記】従業員を怒鳴りつける人へ

 

アルバイトをできる16歳になってからわたしが接客業をした期間は約7年半。

飲食店や娯楽施設や介護施設などいろいろなところで働きましたが、総じて言えることがあります。

 

従業員に怒鳴らないでください。

 

理由は大体こんな感じです。

 

①怒鳴っても解決しません。

怒鳴っている間に解決したとしたら、それはあなたの脅迫のせいです。

 

②怒鳴ってもどうしようもありません。

無理なものは無理。できるものはできる。ただそれは提供者が決めるサービスです。

あなたが決めるものではありません。

 

③あなたが子供のために怒鳴った相手は、他の誰かが大切に思って育てた子です。

 

 

 

結局どこの仕事をしても同じです。「怒鳴るお客さんがいたら落ち着くまで待ちましょう」

どんなに暴言を吐いても、どんなに相手を責めあげても、あなたが落ち着いて話せるまで解決策の提示はできません。

なぜならあなたは相手の吐く言葉全てに怒っているのですから。

 

 

そんな相手でも雇われ従業員からしたらお客様だし、どんな人でも楽しんで帰ってもらえる方が嬉しいので対応はします。

でも、人間は感情的になって物事が良い方向に動くのは “火事場の馬鹿力” だけだと思います。

 

わたしは感情論で解説してお願いしているのではありません。怒鳴る行為は暴力行為です。精神的DVとしても認められています。

相手が家族だろうと従業員だろうと、立派な暴力行為です。

 

 

この間、自分の子供を思ってわたしに怒鳴りながら暴言を吐いたお父さんへ。

あなたの足元にいる子供はいつか大人になって働きます。

あなたが今はく言葉は、あなたの子供にも刺さっています。

あなたの子供が理不尽に怒鳴られているのをどう思うでしょうか。

わたしが意地悪したならば怒って当然ですが、理由をきちんと説明しましたよね。

その時あなたは顔を真っ赤にして怒鳴っていたから納得できなかったのだと思います。

ならば今後気をつけることはただ一つ、怒っても顔を真っ赤にしないことです。

 

以上、今後の人生も接客業を続けるであろう人間からのお話です。

 

 

 

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング


 

LINEスタンプ作ったので良かったら買ってね(・ω・`)

    ↑こちらからLINEスタンプへ↑

おすすめ記事

【ただの】わたしはまだ、暑いのである。【日記】

こんばんは。 東京がダウンジャ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。