水曜日 , 8月 22 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】お薬の依存性より心の依存性

【ADHD】お薬の依存性より心の依存性

おはようございます。
最近気が付いたことを書こうと思います。

わたしの母親はADHDがグレーゾーンの間に飲んだ薬についても
風邪の薬についてもADHDがグレーじゃなくてアウトだと判明した後も
”薬”の依存性について口を酸っぱくして言っていました。

「麻薬と同じでないとダメになる」

っていうのが私の親の持論です。
私としては風邪をひいて辛いんだから薬は飲みたいし
ADHDがわかった今、社会で”普通”をもとめるなら薬は飲みたい。
そういうことで私は母親の持論を押し切りましたが
ADHDの薬自体私に作用している気がしなかったのでとりあえず
私も何も思っていませんでしたが問題は眠剤。

前に【眠剤始めました】という記事を書いた時に依存性が怖いというのを書きましたが
ここ数日までは特に何も依存性なんてないと思っていました。
というより実際やめても何もないし。(1日飲み忘れたけど寝た)

どちらかというと”なくなるかもしれない”という不安が大きかったです(´;ω;`)
それはストラテラと胃薬が効いていようが効いていまいが
続けているものがなくなるという気持ちでした(´;ω;`)

私の新しいお医者さんがちょうど二日連続休んでいる間に手持ちの薬が消えるみたいで
私もその二日まで行くことができない。ということは確実に切れるということ!

あぁせっかくストラテラ忘れないで続けられたのに(´;ω;`)
ただただそれが嫌で、だからこそ怖いんですよね。

もしかしてお母さんが言っていたのはこういうこと?

飲んでいることに迷いはありません。必要な物だと思えているから。
だからこそ自分に「今日くらいは大丈夫だよ」と言えられる余裕が欲しいです(´;ω;`)

毎日更新することを目標に頑張ってます😂
ランキングボタンをポチッとしてもらえると
より一層やる気が出るので是非お願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

おすすめ記事

【ADHD】言って良いこと、悪いこと【PDD】

こんばんは。 昨日今日と1日に …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。