木曜日 , 11月 22 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 頑なな人にはちょっとずつ。

頑なな人にはちょっとずつ。

以前母親がADHDを認めてくれないという記事を書きましたが、

前回お医者さんが今後の方針を決めようというので自分なりに考えてました。

実は母方の祖父が一人で認知症が進んだこともあり、

田舎に帰ろうかという話があがってまして、

自立するお金のない私もついていく予定だったのです。


ただ仕事についてお医者さんに”障がい者雇用もいいのでは?”とおすすめされました。

前回は「手帳と薬は一発勘当」と宣言されていましたので

いや、無理だから・・・ってなりましたが、実際に家に帰り

「お医者さんがね、そういう雇用なら私でも無理なく働けるんじゃないかってー」と、

冗談話に紛れて言ってみたら「まぁいいんじゃない…?」って。

どんなふざけ話の間でもADHDのことを少しでもいうと過剰反応した母が

少し考えたような顔つきでそう言ってくれたんです。

本当に自分が生んだ娘が やれ小児てんかんだ やれ不登校だ

両方終わって高校進学も無事果たせてよかった!とおもったら

次は専門をくだらない理由(と母は言う)で退学だ 今度はADHDで一生ものだ

挙句の果てに、親の遺伝かもしれないといわれたら そりゃいくら母親でも悩むと思います。

ましてやてんかんに至っては父方からの可能性が高く、

すでに父親有責離婚とはいえ嫌いな男からの遺伝を面倒見るはめになり

全てが終わった後に次々問題が出てくる娘なんて親からすれば面倒この上ないですよ。

私が親だとしても辛いですし。

ただ私自身このまま親についていく一生を送るのが正解なのかな?と常に考えていて

実は祖父のため田舎に帰るのを提案したのは私なのですが

今はまだ東京で私が頑張れることがあるんじゃないかな…って思っちゃうんです。

ぶっちゃけ専門学校選んだのもほぼほぼ衝動で「面白そう!」って選んでしまったので

もう自分の選択肢がどこまで真剣に悩んだものなのか己では判断つけにくいですが

どうしても親元から独り立ちして”自分ひとりで生きていける”証明が

まだやれるチャンスが有るんじゃないかな?って思うんですよね。

そうとなるとやっぱり田舎より東京のほうが仕事量も多いし

賃金もまだ少なからず高いのでかつかつでもいいから自分の力で生きてみたいですよね。

またそこらへんは明日明後日何かある話でもないので

担当の先生としっかり相談してみたいと思いますが

ネットでも「発達の人は一人暮らしができない」というのを見ると

じゃあ私に一般的な未来はないのかな?って悩んじゃうことがあります。

ただそれでも頑張っている人もいるでしょうから、先人切って生きている方の知恵を

ちょこちょこ見ながらいい道がないか生きていきたいです。

毎日更新することを目標に頑張ってます😂

ランキングボタンをポチッとしてもらえると

より一層やる気が出るので是非お願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ


にほんブログ村

↑お好きな方をどうぞー↓


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


にほんブログ村

おすすめ記事

【ADHD】日に日に頑固になる自分

おこんにちは。 気温の変化に完 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。