日曜日 , 7月 22 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】過集中はいつでも来るわけではない。

【ADHD】過集中はいつでも来るわけではない。

私中学生の頃に初めてペンタブレットを買ってもらいました。
それまではずっとマウスで描いていて、
下書きをスキャンしてからマウスでペンを選択してから
なぞっては鉛筆の後を消しゴム機能で消してを繰り返していたので
1日2時間かけても終わらないくらいでした。
当時は1日2時間がパソコン使う約束でしたしね。

そしてペンタブを買ってもらったあとはもう
下書きをスキャンして書き始めたらスイスイ進むし
ちょうどその時に不登校で時間だけはあったので、
いざ始めたら1日中ずっと書いていました。
ただこれって確実に毎日やっていたわけではなく
自分の中にあるペースの波が最高潮に達して
その時にパソコンに向かえる環境で
なおかつイメージしたものがスラスラ出てきた時だけなんです。
どれか一つかけるだけでもダメなんです。

当時は気がついていませんでしたが、これが過集中だと思います。

私は広く浅い趣味が多くあるのですが
どれをとっても過集中が原因でその沼にハマるものの
常に集中しているわけではないので続かないものが多すぎると思います。

ピアノを始めた時は先生の勧めでしたが
週に1回、弾きたくて狂いそうになるので
その時に音楽の先生に教えてもらいながら弾いていましたが
始めたら休み時間はずっと独占状態だったし
授業抜け出して空き教室のピアノにかじりついていたことがたくさんあります。
でもピアノ教室へコンスタントに通うほど好きではありませんでした。

図工の授業も始めたら止まらなくなるし
拘り始めるので、授業時間内に終わったことはほぼほぼありませんし
ハマった時期はもちろん休み時間を捧げ
授業を抜け出して違う学年やクラスの子の時に端で作ったり
教室から逃げ出さない条件で、自分用の工作キットを教室に置いていました。
でも毎日作ったり高みを目指したいわけではありませんでした。
作りたいものがある時だけです。

美術の時間は何回も出席して初めて完成する作品は
途中で挫折するからといって、一人だけ雑誌の女性を模写していました。
といってもそれは授業に出ないことがあるので絵の勉強はできてません。

長くなりましたが、このように確実に操れるわけでもないんです。
気がついていたらもう時間が過ぎていた!っていうのがたまああああに来るだけ。
たまに過集中を巧みに操りプロフェッショナルになる方もいますが
私はなりませんでした笑

そもそもコンスタントに継続することが苦手なんです。
非刺激的ですしマンネリ化します。
なので色々なものを好きな時に好きなだけ触れるという環境がすごいあっていると思います。

仕事の選択肢がクリエイターしかないけど
プロは目指せない時点で悩みますけどね・・・。

ぶっちゃけこのブログを毎日更新するのもかなり大変です。
このブログ始めてから外出するように心がけています。
じゃないと出来事がなさ過ぎてすぐに閉じこもっちゃうから!

毎日更新することを目標に頑張ってます😂
ランキングボタンをポチッとしてもらえると
より一層やる気が出るので是非お願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

おすすめ記事

【ADHD】女子だけど坊主頭にした結果

おこんにちは! お風呂が大嫌い …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。