火曜日 , 10月 23 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 高校生のころ衝動で開けたピアス/自分じゃ何も決められない

高校生のころ衝動で開けたピアス/自分じゃ何も決められない

高校2年生まで私は絶対にピアスを開けないぞ!と決意していました。
なぜなら嫌いな友達がピアスが開いていてそれを軽蔑してたからです。

なのに・・・まさか1年後に開けることになるとは。

私は高校が定時制だったので4年間通いましたが、
3年で卒業するかは自由で、先に卒業した同級生が専門デビューと同時に
ピアスを開けた聞き、少し興味を持ちました。
前々から友達がピアス交換していたのは実際羨ましかったけど
どうしても嫌いな友達のことを意識すると開けるのが嫌なんじゃなくて
自分の誓いを捻じ曲げるかのような”悔しい”気持ちになぜか変わっており
開けたい自分と、誓いを破るのか?というどうでもいい気持ちで
体調を崩して2,3日学校を休みました(笑)

そして…結局開けてしまったんですよ・・・。
でもそうしたらもう楽しい!楽しいんですよ!
かわいいピアスがたくさん売っていて、もう全部欲しい!って思ったんです。
なんで今まで開けてなかったんだろう!って思いました。

この記事で言いたいことは何かというと、
自分で勝手に「これはだめ。」というのを立てると
なぜか周りの流れがそちらへ向かい自分の心も揺れているのに
頑なに拒否して体調崩すまでどうしたらいいか自分で判断ができないってことです。

要するにバカってことです…。

BlogPaint

毎日更新することを目標に頑張ってます😂
ランキングボタンをポチッとしてもらえると
より一層やる気が出るので是非お願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

↑お好きな方をどうぞー↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

おすすめ記事

【ADHD】何故かいつも足裏が汚れてる

いつも、文頭に『いつも』と付け …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。