木曜日 , 10月 18 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】融通がきかない同士の私と母

【ADHD】融通がきかない同士の私と母

おはようございますー。

今日は昨日の夜にあった出来事を書きます。

まず昨日の夜はパスタを食べるといっていました。
ソースは母親の買ってきた大好物、ママカリアヒージョ。
ママカリは母親の実家岡山の名物で、通常はお酢でしめた
酢漬けの苦くないししゃもを開いたようなものです。
母親は慣れ親しんだ味なのでイメージつくんでしょうけど
私はママカリの酢漬けは食べられますが小魚があまり好きではありません。
酢漬け以外のママカリを食べたことがなかったのであらかじめ
「1口食べてみたい」といったところ母親に
「そうやって好き嫌いして別のメニューを考える手間を考えろ」と言われました。
そりゃ嫌いだから他の作れ!っていったら言われても仕方ありませんが
私は別に自分の好きなパスタソースは自費購入して部屋に常備してあるので
それを母親と一緒に湯がいたパスタに私が勝手にかければいいだけのはなしで
好きか嫌いかわからないママカリアヒージョを泣きながら食べたり吐いたり捨てたりするより
一度味見をしておいた方がいいと思ったのに、
私が選り好みをしているのはわがままだと判断されちゃいました。

もちろん食べ物にあまり好き嫌いを言うのは作る人に失礼なので
基本的には言いませんし、母親もある程度私が頑固なのも理解しているので
どうしても無理なものは出してきませんが、
魚に関してはどうしても理解してもらえないことが多々あります。
ここまできたら味覚過敏じゃないの?と先生にも言われたくらい
特定の魚から強く”酸っぱい匂い”や”生臭い香り”、”背筋がぞわぞわする食感”などを感じて
火の通り具合や調理法でどうにもならない種類があります。
主に火を通した白身魚で強く感じます。
幼少期から母親は私の好き嫌いを許さなかったので吐きながら食べてきましたが
私もずる賢い歳になると隠れて捨てたりしていました。
何度も捨てては見つかり怒られてを繰り返していたので
私としてはあらかじめ自己申告してから追加調理ではなく私だけ”除く”ことで対応してもらいたいんです。
ですが最初からイヤイヤ言ってたら食わず嫌いと言われるので
本当はママカリアヒージョなんて一口も食べたくないけど
とりあえずチャレンジする姿勢を見せなきゃいけないと思って今回も申告したのに
母親からは魚をひたすら拒否する不摂生な娘にしか映らなかったみたいです。

うーん・・・なかなか私が合理的な考えと思っても、
相手からはそう見えずわがままに映ってしまうのはとっても対処が難しいですね。
とりあえず喧嘩の終わりに「2度とあんた(私)のご飯は作らないから」と言われましたが
これを言われたのは初めてじゃなくて、何度も言われて自炊するも数日後には私の分が勝手に机に並ぶので
毎回無駄にイライラするだけの話し合いをいつか本当に理解してもらえるといいんのですが。

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】物にぶつかる【空間認識能力】

こんにちはー。 今日は診察の日 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。