水曜日 , 12月 12 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】料理の苦手を理解する方法考えて見た。

【ADHD】料理の苦手を理解する方法考えて見た。

自分が苦手なことって定型の人も発達の人も沢山あると思いますが
どちらにせよ何がどう苦手かを理解するのってとっても大切だと思います。

そこで最近私の思った苦手なものの“何がどう苦手かをなのか”を自己分析してみました

まず苦手その1 料理
え?TWITTERでめっちゃ料理の写真あげてるじゃんって思われますよね。
じっさいこのなやみは中の良い友人にも現場で見てもらわないと理解してもらえませんが
見たら確実に理解できる原因があります。
料理の段取りと材料の融通がきかない。
これにつきます。
料理をするにあたって必要なものってあると思いますが
生姜焼きを作るのに豚肉と生姜が必要になるのはわかりますが
実際これにある生姜や豚肉の状態が書かれていないと
これは固形の生姜を削るべきなのか、チューブの生姜なのか粉末生姜なのかわかりませんし
逆にチューブの生姜を2センチと書かれるとチューブ以外の量が全くわかりません。
豚肉も同じように、生姜焼きの豚肉とは「生姜焼き用豚肉」とあるのか、
形状的にしゃぶしゃぶの豚肉にそっくりだがこれはしゃぶしゃぶとあるので違うだろうし
豚こまってまず何なの?豚の何なの?ってなります。
この時点で書いてあるものが家にないと代用はできません。
もしくは代用するものを書いてくれていればできます。
ページの隅にでも「ーの場合は」といった注釈があると違いますね。
〔読むかはわからないけど笑〕

そして段取り。一番私が苦手なものが
材料コーナーにAだのBだの書いてあって
いざ段取り読んだらAを投入後炒め、Bを混ぜる
など、具体的じゃなく前提を覚える必要がある書かれ方・・・。
これで何度手順を間違えてしまい恐ろしい物質を生成してしまったことか。
よくTwitterで「ヨシ◯イわかりやすかった」と言われますが
きちんと長期間体験した上で申しますが、私にはレベルが高すぎました。
具材を炒めて調味料袋をまぶすくらいならできますがね・・・。

まずこの時点でわかったのは
料理が苦手なのではなく、文章を理解したり機転をきかせるのが苦手ということです。
改善方法としては、代用できるものをあらかじめ自分で1欄にしておく。
例えば片栗粉がない場合は小麦粉でも良い。
薄力粉や強力粉とあっても多少違ってもパンとかでないなら問題ないとか
生クリームとあっても牛乳や豆乳でOKなどなど
よく足りなくても代用が効くものをあらかじめリストにしておいて経験値を積む。
そうすれば「これがないから作れない」といったことを回避できます。

段取りは項目を1行ずつクローズアップするアイテムを活用する。
あらかじめ分かりやすいよう作り直すか無謀なチャレンジをしない!

とりあえず明日は起きないととんでもなく怒られる用事があるので寝ます。
おやすみなさい!

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】食べる事への執着が獣レベル【脂肪は貯蓄じゃない】

こんにちは! 久しぶりの昼投稿 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。