土曜日 , 11月 17 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / トラブルがあった時の感情の変化【ADHD】

トラブルがあった時の感情の変化【ADHD】

わたしはずっと、自分の感情の変化が激しいのを

完全なる個性だと思ってきましたが
ここ最近おかしいということに気がついたので
ブログにまとめてみたいと思います。
まず、わたしが起こすトラブルはまぁ
ADHDならではのものばかりですが
そうでもないこともあります。
ただそういうADHDだから起きたんだな、とか
これは完全なる自分のせいだなという自覚はないので
基本的に同じ感情のルーティンになるのですが、
わたしが何かトラブルを起こした、巻き込まれた時
まず最初に出るのが衝撃。
え!?うそでしょ!?と、信じられなくて衝撃を受けます。
次に反省。
申し訳ない…やってしまった…と思います。
本当にどう考えてもわたしが悪い時はここで終わります。
相手に陳謝して再発を防ぎます。
ただ、この後に冷静になると
なんで起きたんだろう。と考えはじめます、
そしてそれの答えが出ないのでパニックになって
疑問へとかします。
悪くない…?わたしなんもなってなくない?となります。
そして最後に怒り。
わたし悪くないじゃん!
なんで謝ったんだ!?なんもしてないじゃん!
この怒りの時に社会人としてやってはいけない域に
容易に踏み込みます。止められません。
もう怒りでどうにかなりそうになります。
さらにこの怒りが消耗しきれないと
体調面で問題が発生して家から出られなくなったり
ずっと熱っぽくなったり、下痢を繰り返したりします。
これ書いてて気がついたけど、
担当のお医者さんにいうべき案件だ笑
ぶっちゃけ専門学校の時もこれで大揉めしました。
そして今のアルバイトでもここに行きかけてるんです。
すでに下痢が止まらずトイレにこもってます…。
社会人って不満や疑問があっても
仕事だと我慢するのはすごいなーと思いつつ
なぜかわたしは我慢できない。
これは今後の大きな課題ですね…。

毎日更新することを目標に頑張ってます😂
ランキングボタンをポチッとしてもらえると
より一層やる気が出るので是非お願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

↑お好きな方をどうぞー↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

おすすめ記事

【ADHD】発達障害専門外来のハズレを引いた話

都内大手の発達障害専門外来のハ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。