水曜日 , 8月 22 2018
ホーム / ADHD⭐︎ASD / 【ADHD】私は助手席でナビはできない

【ADHD】私は助手席でナビはできない

こんばんはー。
どうも休み切ってブログの更新そのものを忘れていたHulaです・・・。

岡山へ帰って母親が車に乗るようになったので
助手席でナビアプリを出して道を教える役割を与えられましたが
どうも自分で地図を理解するのは問題ないのに
人に道を誘導するのが苦手なことが判明しました。

いつもバイクに乗る時は自分が知らない道を走るのが苦手なので予習して行きますが
どのみち走るのは私なので、踏切の位置だけ見ればあとは
原付の第1車線走行ルールを守れば変な道に行くのは防げると理解していますが
車となると色々な車線を走ることや、原付のようなスムーズな車線変更ができず
ましてや母親は1週間前までペーパー免許だった分早め早めの指示が大切です。
ですが運転が30分を超えてくると、大通りばっかり走る場合はずっとナビアプリを見ていると
私はだんだん暇になってくるし、歌を流すと歌に夢中になって
ついつい交差点のポイントの指示をするのを忘れてしまい、
気がついたらナビが喋り始めるも、もはやリカバリーできぬまま素通り・・・。
そして元の道に戻ろうにも田舎ゆえに変な農道へでて対向車を避けられないパニックに巻き込まれます。

もともとADHDの特性である”気が散りやすい”と言うことに対して
”同じ道を走り続ける”といった刺激が少ないシーンの組み合わせが悪いみたいで
ずっとアプリをみて集中することや少しってから「そろそろかな?」という意識がいかないのが原因だと思います。

さらに私は言語能力が低すぎて、頭で理解していて伝えたいものを表現する言葉が出にくくて
「もうすぐ左折」といいつつも、私の”もうすぐ”が母親の”もうすぐ”とかなり違ったり
ナビアプリに「あと500m先を・・・」とあっても、私が母親に告げる時は
進みながら伝えないといけないので、読み上げる最中に400m、300m、、、「あと50m先左折(本当は100m)」
結果50m先を左折してしまいココどこ状態(´・ω・`)

私はナビに向かないようです。
最近はやっと母親もある程度のミスは諦めてくれるので
間違えた後私より先に気持ちを切り替えて新しい道を探すようになりましたが
できればあまりやりたくないポジションです(´∀`)

明日は過去最高距離のナビゲーションです。
母親は学んでいるのか学んでいないのかわかりませんが
まだやらせようと言う心意気だけは素晴らしいと思っています笑

おやすみなさーい!

更新する気力の根源になります(´・ω・`)
よかったらぽちっとしてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村


注意欠陥・多動性障害ランキング

おすすめ記事

【ADHD】言って良いこと、悪いこと【PDD】

こんばんは。 昨日今日と1日に …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。